剪定の終了した幸水の枝

画像

果樹には木の骨格を作る枝と
果実を実らせる枝があります

骨格の枝は
果実を実らせる枝を配置するためにあり
果実を実らせることはありません

骨格の枝(というより幹)は長~い期間使いますが
果実を実らせる枝は2~3年で更新します
剪定時行なっている主な作業のひとつです


写真は剪定の終了した
幸水の果実を実らせる枝です

枝と枝の間隔は40cm以上あけ
棚面に配置してゆきます
それより狭いと葉が出たとき重なってしまい
光合成の妨げになってしまいます

たっぷりお日様を浴びられるよう配置された枝には
今年もおいしい梨の実が
たわわに実る予定です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック